« Dr.パルナサスの鏡 | トップページ | 石焼ごはん倶楽部 »

おかめ寿司 ~築地~

  Cimg0423 築地にお寿司を食べに行ってきました。

おまかせをお願いしました。

これからごはんですよ~と、促すように、まず、たまごと、海苔のお味噌汁が出ます。

まずは、中トロと、赤身。

最初にガツンとやられました。Cimg0424

中トロはとろ~んと口の中で溶けていく感じ。

赤みはしっかりしたまぐろの香り。(最初に赤身というのも驚きました。)

次は、やりイカと金目鯛。

コリっとした食感と、さっぱりした味。

一気に爽快な口の中へ変身。

そして、金目で、ふんわりしたCimg0425

シャリとの融合を楽しみ、次へ。

次は、アジと、かつおだったかな?

忘れてしまいました。

光りものが苦手な方も多いと思うのですが、こちらの光りもの。Cimg0426

全然臭みがなくて、あぶらが乗っていてするんとお腹に収まります。

すでに6貫も食べているのですが、シャリもほどよいちいさめで、ネタを存分に楽しめます。

鳥貝と車海老。Cimg0427

車海老、茹でてあっても美味しい。

どうして生で食べれないのか?

江戸前って茹でちゃうんですかね?

ぷりぷりを生で頂きたかったです。

いよいよ大詰め。Cimg0430

ウニと活けダコ。

ウニはこれでもかの大盤振る舞い。

とろける美味しさでした。

そして、蛸は、塩とゆずがかけてあって、そのままどうぞ。というスタイル。

むふふ~。Cimg0432

ほんとに美味しい。

最後に、ふんわりのあなご。

巻物。鉄火をいただきました。

これで、おまかせはお終いです。

Cimg0431十分にお腹いっぱいになるのですが、

この後、2貫好きなものを

注文出来て3500円。

この2品。とっても迷ったのですが、

私は、うにアゲイン!と

白子を注文。Cimg0434

ウニはもちろん美味しかったのですが、

白子がほんとにとろけるようで、

シメには最高の一品でした。

築地のお寿司、

ばんざ~い。

時々なら、こんな贅沢もいいかな?

|

« Dr.パルナサスの鏡 | トップページ | 石焼ごはん倶楽部 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おかめ寿司 ~築地~:

« Dr.パルナサスの鏡 | トップページ | 石焼ごはん倶楽部 »